メールレディについて

メールレディの確定申告|必要性とやり方を分かりやすく解説します

更新日:

確定申告書ールレディで、ある程度の収入を得るようになると確定申告をしなければなりません。ですが、税金や確定申告って難しそうで多くの女性が敬遠しているものだと思います。

そこで、ここではメールレディの確定申告について分かりやすく簡単に解説したいと思います。

あなたは確定申告が必要なメールレディ?

確定申告が必要なメールレディかどうかは本業か副業かで基準が違ってきます。
もしあなたが本業としてメールレディをしていた場合、年間38万円を超えなければ確定申告をしなくていいとされています。副業の場合は20万円を超えなければ確定申告は必要ありません。

ですが、

本業であれば38万円、副業であれば20万円を超えたら確定申告をしなければなりません。
なので、月2万円のメールレディ収入があるOLであれば、年間24万円稼ぐことになるので確定申告をしなければなりませんが、専業主婦が年間24万円稼いでも確定申告の必要はありません。

メールレディが納めるのは住民税と所得税の2つ

確定申告が必要なメールレディだった場合、納付義務がある税金は住民税と所得税の2つとなっています。

住民税とは、都道府県税と市町村税2つの総称で一律10%となっています。
所得税は、メールレディの収入から基礎控除や経費を引いた額で税率は変わってきます。

多くのメールレディの場合、収入から基礎控除と経費を引いてでた課税所得が195万円以下なので、税率は5%となります。

なので、

収入から基礎控除と経費を引いた金額×5%が支払う金額となっています。
税率は195万円以上を稼ぐと変わってくるので、しっかり確認するようにしましょう。

メールレディで経費として認められるもの

家計簿をつける
メールレディの確定申告の場合、経費として認められる物が沢山あります。
仕事で使ったものを申告すると支払う所得税も減るので、レシートや明細書などは必ず取っておきましょう。

メールレディの経費として認められるものは主に、ネット料金やスマホ・PC代、洋服やメイク道具などです。これらを購入する時は購入したことを証明できるものをきちんと保管しておきましょう。

帳簿をつけるとより分かりやすくなる

確定申告が必要なくらい稼ぐメールレディであれば帳簿をつけることをお勧めします。
帳簿は確定申告の際に必要なものではありませんが、収入や掛かった経費がまとめられてあると、確定申告がスムーズに進みます。
自分がどれくらい稼げたかも分かりやすくなるので帳簿をつけるのはおすすめですよ。

メールレディの確定申告は難しくない

いかがでしょうか。メールレディの確定申告はそこまで難しくありません。
メールで稼げる金額には限界があるため、税率もほとんど決まっているようなものですし、確定申告の必要がない女性もたくさんいると思います。

ですが、納税対象にもかかわらず確定申告をせずに放置しているといつか罰則金や追徴課税される可能性もあるので、確定申告の必要がある方は必ず納税しましょう。

-メールレディについて

Copyright© 【最新】メールレディで稼げるおすすめ情報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.