炊飯器でお肉トロトロ美味しいシチューが完成

圧力鍋をずっと買いたいなと思っています。何故かは固いお肉もとろとろ柔らかになるのが短時間で出来るので。でも、それなりな値段みたいですし、テレビで実際の圧力鍋の様子を見たら、出来た後にピューってすごい音、中の圧を抜いているのですかね、あれが何とも怖くて。ビビリなものですから。そういういろいろな理由で手を出せずにいました。

でも、炊飯器がご飯炊きだけでなく煮込みに使えることを今頃知って、最近寒くなったのもあって時々野菜を煮たりなどに使っています。

炊飯器って便利

炊飯器

今日、スーパーに買い物に行ったら、今日が消費期限の豚ブロック肉が通常の半額程度の投売り状態で一本横たわっているではないですか。これは買わなきゃと、今夜の予定を変更してそれをゲットしました。

挑戦したのは、ビーフシチュー豚肉入り。何だそりゃって感じですね。

ビーフシチューのルーを安売りしてた時に何箱かまとめ買いしていて、これを使います。他の食材は、やっぱりなくてはならないジャガイモ、そしてネギ、それに安売り豚ブロック肉など。

鍋に、シチューの分量プラス蒸発の予想分の水を入れて豚肉も投入。沸いてきたらアクを取ります。そして、ある程度お湯で豚肉をグラグラさせたら肉を取り出して洗います。鍋にあるお湯といいますか、肉を煮た汁も使います。

アクがまだまだあるのでそれはできるだけ使わないように。ああこれ全部取るの面倒くさいな、しゃあないか、ある程度はアク混じりで使うかと思ったのですが、ちょっと時間が経つとアクと言いますかクズと言いますか、それが鍋の底へと沈んでいくではありませんか。

そうか!もうちょっと待とう。

我慢の時間

ビーフシチュー

時間をかけて、結構沈んだところで、それを静かに炊飯器へと注ぎます。念のため、ザルを鍋と炊飯器の中間にかましました。見事、アク無しの肉汁入りのお湯が炊飯器に。

そして、適当な大きさにカットした材料を炊飯器に全部入れて、ルーを分量の4分の3だけ崩して投入。

いよいよ炊飯器の活躍となりますが、普通に炊飯モードだと水分がすごく少なくなるまで炊きます。これは数少ない炊飯器野菜の煮込みで経験済み。なので、おかゆモードならいいかなと、実験したこともありませんが、出たトコ勝負でおかゆモードで挑戦です。

待ちましたよ。なかなか炊き上がりません。1時間15分くらいですかね。やっと、ピーって。炊飯器の出来上がったよの音が聞こえました。

そろーっとフタを開けましたが、それでも蒸気がモアモアモア~。すごい!お箸で肉をツンツンしたら、なかなかいい感じな感触です。水分は蒸発分も考えて多めにしましたが、ちょっと予想よりもまだ多いかなという感じでした。

ここで4分の1残っていたルーを割りいれて混ぜて、しばらく保温状態にして完成という筋書きにしていたのですが、まだ水分があるので、ルーを入れてから混ぜて、普通の炊飯モードで炊くことにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です